<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

生命・生活・生業

大地震から半年以上が経ちました。
世間では、被災地以外の社会では、もうかなり風化していませんか。
私も、阪神や中越の時の半年後を記憶しているかというと、覚えていません。
特にアクションを持たなかった当時、日常に埋没していましたね。

今回は、2か月以上たった5月末から度々現地を訪れる機会に恵まれました。
宮城県に1回、岩手県に3回(内陸のみにも2回)、福島県に1回、
それぞれの場で、まったく状況や問題点が異なることも体験しました。
そして、それぞれの場で、状況や問題点がどんどん変化していくことも体験しました。

8月末に岩手大学男女共同参画室主催のシンポジウムに参加してきました。
人間として生活していく上で、生命・生活・生業の歯車がお互いうまくかみ合って回ることが必要、
という学長さんのお話がありました。
助産師として、保健師としても、とても興味あるお話でした。


まず、助産師として・・・

生命:水・酸素・栄養
おなかの中で宿った「命」、お母さんから水・酸素・栄養をもらいながら成長、「生」まれてきます。
オギャーと泣いて、酸素は自分で取り入れられるようになるけれど、
水・栄養は、まだまだしばらくお母さんから(おっぱい)もらいますよね。

生活:衣食住
離乳食で、直接外界の物を栄養として体内に取り入れる準備を進めた子供は、
着るもの・食べるもの・住むものを、親や周囲の真似をしながら学び、成長していきます。

生業:社会儀礼・経済・学問
孟母三遷の教えは学問が一番というイメージがありますが、
実は社会儀礼や経済の仕組みをまず教え、その上で学問を、孟子のお母さんは教えたかったのだと私は解釈しています。
現金収入だけが生業ではなく、家事育児や介護も大切な生業の一部ですよね。
それらを、子供は学びながら、次の世代へバトンタッチしていくのですね。


保健師として(特に今回の災害について)・・・

災害時、まず「生命」の確保が最優先されます。
そして、その時一般の人々の関心も最大限寄せられます。

とりあえず守られた命は、避難所や仮設住宅で、支援物資に支えられた「生活」に移行します。
だんだん、時間の経過とともに、一般の人々の関心は薄れていきます。

けれでも、人間として生活していくためには、まだまだ「生業」が回り始めるためのお手伝いが必要です。
いったん失った生活基盤の再構築は、当人だけの努力では大変過ぎます。
でも、この段階で支援が打ち切られてしまってはいないでしょうか。
本当はこれからが長いのに・・・。

生活圏って言葉があります。
日常生活ができる範囲、日常行動ができる範囲。
車があれば車で行き来できる範囲、自転車ならちょっと狭くなるかな?徒歩のみだとかなり狭まりますね。
公共交通手段の状況にもよりますが・・・。

その範囲内に、衣食住を充足できるお店が必要ですよね。
八百屋さん、魚屋さん、米屋さん、酒屋さん、洋服屋さん、クリーニング屋さん、電気屋さん、金物屋さん、本屋さん・・・
まとめてスーパーとか雑貨屋さんとかコンビニとか・・・
他にも、大工さんやガソリンスタンドや病院や交番や学校や・・・
とにかくいろいろなお店があって、いろいろな職種の人がいて、生活が成り立っているんですね。

先日、3度目の岩手県沿岸部に行きました。
今回は、ほぼ全行程、公共交通手段。
やまだ道の駅から釜石まで、暗くなった生活道路を路線バスに揺られて行きました。
仲秋の名月に照らされた静かな海と、街灯も信号もない土台だけとなった街並みを交互に眺めながら・・・。
バスの後ろの方では、女子高生たちのどこでも変わらぬ賑やかなしゃべり声が響いていました。

確かな「生業」が始まっている予感、
でもまだまだたくさんの人々の「関心」という栄養が必要な時でもあると思います。
[PR]
by mo-circle-chiba | 2011-09-21 00:00 | 応援したい方

「被災地に授乳服を送ろう」ご協力お礼&お願い

暑かった夏も、ようやく秋空を見せるようになってきました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

3月11日の大地震から、早くも半年が経とうとしています。
直後より、被災者の方々に授乳服をお届けしようと試行錯誤してまいりました。
必要なはずなのに、なかなか現地からの声が聞こえず、もどかしい想いをいたしました。

ようやく5月末より、現地に行く機会を得られ、
宮城県石巻市・南三陸町、岩手県陸前高田市・大船渡市・大槌町・山田町で、
大小の避難所や仮設住宅、自宅避難の方々とお会いいたしました。
また、福島県いわき市で被災の様子や、裏磐梯に避難されている方のお話を伺うことができました。

皆さん、想像を絶する世界を経験されています。
恐ろしい経験とともに、先の見えない不安とも戦っていらっしゃいます。
細くても長くお手伝いさせていただければと思っております。

used授乳服の提供には、ご協力ありがとうございました。
出かけていたり、(抜き打ちの)介護等で、せっかくお送りいただいても、
ご報告やお礼の機を逸し、失礼してしまった方も多いかと思います。
改めてお礼申し上げるとともに、お詫びいたします。

今までに以下の方々に、合計100着ほど、お届けいたしました。
  筑西市に避難されていた方
  野田村の方々
  南三陸町の方々
  山田町の方々
  大船渡市で活動されている助産師さんのグループ「にこにこ」
  盛岡市のボランティア団体「SAVE IWATE」

今後も、「にこにこ」、「SAVE IWATE」には定期的にお届けするほか、
ご縁のあった方に、その後をお聞きしてお届けし、
また必要とされる方を広く探していくつもりです。

現地に適したお届け方法を模索したところ、
その時期に合った物のみを、小分けにしてお送りするようにしています。
そのため、きれいに包装していただいた物も、こちらでばらさせていただきました。
事後報告ではありますが、ご了承のほど、よろしくお願いいたします。
なお、皆さまのメッセージは、まとめてお届けさせていただきました。

今後も、used授乳服の回収・お届けは続けてまいります。
また、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。
年単位でのお手伝いになりますので、衣替えの時期、夏物等もお送りください。
必要な時期にお届けします。

また、支援を必要とされている方の情報もございましたら、ぜひお教え下さい。

現地では、「手持ち無沙汰だと悪いことばかり考えてしまって・・・」
「(手芸等で)手を動かしていて、やっと前向きになれた。」
という話もよく聞きました。
「支援されるだけ、というのが、心苦しかった。」
ともお聞きしています。

みなさん、何かしたい、手を動かしたい、作り出したい・・・
と切実に思われているご様子、痛感しています。

ミシン、手芸用品(布・毛糸・・・)、裁縫道具(針・糸・・・)も集めております。
赤ちゃん用おもちゃもございましたら、お願いいたします。

なお、準備しましたブログ「授乳服で応援」は、なかなか更新できません。
現地の状況をご覧いただくには、
度々同行しております従姉のブログ「マリちゃんワールド」をご参照ください。

〒260-0831
千葉市中央区港町17-2
本千葉小児科内
モーハウスサークル千葉
℡043-441-7852
安田 泉
izmysd@gmail.com
[PR]
by mo-circle-chiba | 2011-09-02 00:00 | 応援したい方


used授乳服、お届けします。 モーハウスサークル千葉 安田


by mo-circle-chiba

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
授乳服
応援:授乳服
応援:授乳服(マタニティ可)
応援:授乳ワンピース
応援:マタニティ(授乳口なし)
応援:授乳用インナー
お届けします
応援したい方
モーハウスサークル
現地
未分類

以前の記事

2016年 04月
2015年 03月
2014年 02月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

地震再び
at 2016-04-18 09:42
あれから4年
at 2015-03-20 11:27
そろそろ3年、もう3年、まだ..
at 2014-02-05 18:07
2年を過ぎて
at 2013-03-27 10:12
授乳服で応援しています
at 2012-12-31 23:59

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧