未曽有の水害

みなさん、今度は、西日本を中心とした全国各地の災害ですね。
ご被害に遭われませんでしたか?

雨は去っても、水は引いても、まだ全貌が見えてきませんが、
普通の生活に戻るまで長い年月が必要な方が、たくさんいらっしゃるのは確かです。
だれでも、いつ局地的な集中豪雨に襲われるか、わかりませんね。

マタニティ&授乳服・おんぶ紐など、子育て中のお母さんが使うものを、集めます。
下記まで、お送りください。
  〒260-0831 千葉市中央区港町17-2 
    本千葉小児科(☎043‐441-7852)

被害に遭った方、ご存知の方、お知らせください。
お届けします。

仕分・発送作業をしていただける方、募集します。
ご連絡、お待ちしております。

お知り合いにも拡散していただければ、うれしいです。

よろしくお願いいたします。
 (連絡先:安田泉 izmysd@gmail.com)
 (しばらく返信できない時があります。)


[PR]
# by mo-circle-chiba | 2018-07-10 18:17 | お届けします

あれから7年

ご無沙汰です。
前回から3年ぶりの更新です。

時々お送りくださるみなさんのおかげで、お届けは続けていました。
(報告せずに、大変失礼いたしました。)

その後も、大きな災害が続きますね。

一昨年4月は、熊本の地震。
介護で鹿児島に通っているので途中下車して、炊出しボランティアに参加してきました。
普通に生活できている所と、壊滅したところが混在していました。
地域全体が機能しなくなった東北との違いが、印象的でした。
福祉避難所に行きましたが、母子は0でした・・・。
ホールに雑魚寝させていただいた保育園に、支援物資の一つとして並べてきました。
迎えにいらした保護者の方々に、喜んでいただきました。

昨年7月は、九州北部豪雨。
秋、鹿児島のニュースで、ボランティアが連日数百人訪れていることを知りました。
被災地からの距離で、報道の規模も変わることを痛感しました。
元産婦人科医院を借り上げ活動されている朝倉災害母子支援センターにお届けしました。
https://kizuna.localinfo.jp/

先日、千葉大学共同災害看護学主催の地域防災セミナーを受講してきました。
千葉県の地形の特徴を学び、起こりやすい災害を知ることを目的とした講座でした。
人間の生活に関係なければ「地形変化」、影響があって初めて「災害」になるのですね。
関東平野一帯は、昔は湿地だったそうです。
今、当たり前に便利な生活が、地球の歴史から見たら・・・、考えさせられます。

災害対策という言葉も、一般的となりました。
被災した方々のこと、自分が被災した場合のこと、とともに、
災害が大きくならないような生活、考えていきたいですね。

今後も、以下のものを集めます。
・マタニティ・授乳服・お母さんが使うもの
・着物(なんでも)
〒260-0831 千葉県千葉市中央区港町17-2 本千葉小児科 ℡043-441-7892 安田泉
必要な時に、必要なところに、お届けします。

よろしくお願いいたします。

[PR]
# by mo-circle-chiba | 2018-03-09 13:15 | 応援したい方

地震再び

みなさま

また、大自然の力のすごさを、見せつけられてしまいました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

まだまだ余震が続き、身の安全の確保、水や食料の確保が、最優先の時です。
一刻も早く、天災が落ち着き、少しでも被害が小さく済むことを、祈るばかりです。

今後に備え、マタニティ・授乳服の回収を行います。
(これまでも時々届けていただいた方、お礼も不十分で、申し訳ございません。)
少しでも、たくさんでも、下記まで、お送りください。
〒260‐0831 千葉市中央区港町17-2 本千葉小児科内 安田泉 ☎043‐441‐7852

マタニティ・授乳服・おんぶ紐等、妊娠中から授乳期のお母さんが使う物限定です。
美品歓迎、夏物冬物は問いません。
インナー・ナプキン等、直接肌に触れるものは、企業さんの寄付にお任せしましょう。
ベビー服・紙おむつ・粉ミルク・おもちゃ等も、他の支援団体さんにお回しください。
引き続き、裁縫道具・手芸用品・きものは、集めていきますので、こちらもよろしく!

お届け先の情報も、ぜひ、お寄せください。

よろしくお願いいたします。
[PR]
# by mo-circle-chiba | 2016-04-18 09:42 | 応援したい方

あれから4年

お久しぶりです。
前回の投稿から1年以上が経ってしまいました。

あの大地震から、4年ですね。
初めの1年、できるだけ現地に出かけました。
その後、想定通り?、私は親世代の終活が相次ぎました。

今回、久しぶりに、三陸沿岸を回ってきました。
一ノ関から、気仙沼~陸前高田~大船渡~釜石~山田~宮古~田老、
電車・BRT・バス・タクシーを乗り継ぎ、盛岡から帰ってきました。

山は削られ、かつての市街地はかさ上げされ、沿岸の景色は、一変していました。
天災の凄まじさに驚愕したのと同様、人間の力に驚嘆しました。

でも、そこに住む人々が、落ち着いた生活を送るには、まだまだ長い年月が必要です。
復興を見てほしい、という声と同時に、震災直後より大変、という声も聞きました。

家を建て仮設を出られた方もいるけれど、残られている方もたくさんいらっしゃいます。
大きなダンプは列をなしているけれど、ボランティアや観光客はごくごくわずかです。

ここ2~3年、みなさまへのご報告も滞りがちでしたが、
時々みなさまから送っていただいた授乳服その他は、仕分けしてお届けを続けてきました。
そろそろ必要ないかな?と感じていたのも事実、行ってみて確かめてみたかったのです。

今、被災直後とは違います。
でも、まだまだお手伝いは必要です。
細くても永いお手伝いが必要と、痛感しました。
そして、現地に行くこと、みなさん、ぜひ行ってみて感じてください。
震災直後より大変とおっしゃった方が、海の美しさを語る時の、眼の輝きが印象的でした。

引き続き、以下のものを集めます。
・ 授乳服
・ 着物なんでも
〒260‐0831 千葉市中央区港町17-2 本千葉小児科 ☎043‐441‐7852 安田泉
こちらで仕分けして、必要な時に、必要なところに、お届けします。

昨年は、首都圏の大雪、広島の水害、御嶽山の噴火・・・、災害が目立つ年でもありましたね。
必要な方がいる、という情報も、ぜひお寄せください。

よろしくお願いいたします。
[PR]
# by mo-circle-chiba | 2015-03-20 11:27 | 応援したい方

そろそろ3年、もう3年、まだ3年・・・

大変ご無沙汰してしまいました。
あの大地震から早くも3年、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

私は、親世代の終活に追われ、みなさまへのご報告も滞っていましたが、
中古授乳服等の収集・仕分け・お届けは、続けてきました。

そのお届け先の一人、花巻の助産師 佐藤美代子さんから、寄付のお願いが届きました。
https://readyfor.jp/projects/tohokumama
佐藤さんは、被災されたママさん方の支援に、精力的に飛び回っていらっしゃいます。
http://blog.goo.ne.jp/mannmaru-mw

岩手県って、とっても広くて、新幹線が通っている内陸部と、被災した沿岸部とは、
車で2~3時間、峠越えをしなくてはなりません。
私も、佐藤さんの車には、何度か乗せていただきました。

これまで自家用車で活動されてきた佐藤さん、
支援関係だけでも、40000キロを超えた車に、不調が出てきているそうです。
冬期は、内陸は積雪、沿岸は路面凍結で、リスクも高まります。
少しでも安全に、活動が継続されますことを、願わずにはいられません。

また、活動には様々な経費がかかります。
クルマに限らず使ってほしいという方、こちらへお願いいます。
 ゆうちょ銀行 記号:18350 番号:9996191 名前:復興支援まんまる(ふっこうしえんまんまる)
 【他金融機関からの振込等の場合】
 店名:八三八 店番:838 預金種目:普通預金 口座番号:0999619

おカネはちょっと・・・、でも使っていただきたいモノが・・・、という方、安田にご一報ください。
少しでも、たくさんでも、こちらで仕分けして、必要なところにお届けします。
引き続き、以下のものを集めています。
 中古授乳服(もちろん新品可!)・特にお母さんが使うもの
 手芸用品(針・糸・布・毛糸・・・なんでも)
 着物(ウール可・・・なんでも)

ぜひ、お知り合いにも、お伝えください。
よろしくお願いいたします。

では、厳寒の折、皆様ご自愛のほど!
[PR]
# by mo-circle-chiba | 2014-02-05 18:07 | 応援したい方

2年を過ぎて

あの大地震から、2年が過ぎました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

私の方は、安田の家も、実家も、親世代は80~90代。
ここのところ、あちこちガタガタ・・・、いろいろと落ち着きません。
そんな中でしたが、最近のお手伝いを、いくつかご報告いたします。

3月20日、千葉大の災害看護の講演会に参加してきました。://www.dngl.jp/archives/1142/
5大学共同で、災害看護に関してのプロを養成していこうとしているものです。
千葉大では、総合大学であることを活かし、多分野から、中長期的な観点での構築を想定しています。
今後に期待大です。

首都圏での東北支援のお手伝いをしています。http://www.iwate-morioka.com/
29・30日は、汐留シオサイト地下道でイベントがあります。http://jpn-civil.wix.com/tohokuouen#
ママサロンでお会いした写真家の佐藤慧さんのお話もあるようです。
みなさまも、お時間がございましたら、ぜひ寄ってみてくださいね。

家では、引き続きリフォームを進めています。(住みながらだと、少しづつですね。)
東北通いの体験は、多くのことを考えさせられました。
その中の一つに、自分がいついなくなってもいい状態の準備があります。
今後の災害に備えて、という意味でもあります。

中古授乳服集め、続けます。
これまでの災害に、今後起こるであろう災害に備えて・・・。
季節の変わり目、まだまだ必要な方のところに行きたい授乳服たちがいらっしゃいましたら、お送りください。
今後とも、よろしくお願いいたします。

〒260-0831 
千葉県千葉市中央区港町17-2本千葉小児科
☎043-441-7852
安田泉
[PR]
# by mo-circle-chiba | 2013-03-27 10:12 | 応援したい方

授乳服で応援しています

避難生活を続けられている 妊娠中の方、赤ちゃんがいらっしゃる方

授乳服をお届けします。
[PR]
# by mo-circle-chiba | 2012-12-31 23:59 | 授乳服

授乳服で応援しましょう

被災された方々を応援したい方

授乳服をお届けください
[PR]
# by mo-circle-chiba | 2012-12-31 09:25 | 授乳服

これからのお手伝い「購入」

巷では忘れ去られそうな被災のコト。
そのお手伝いは、多彩になってきています。
被災した地域のものを「買う」ということも、その一つですね。

久しぶりに、8日(土)盛岡、9日(日)大船渡に行ってきました。

盛岡では、いつもお世話になっている「SAVE IWATE」にお邪魔しました。
楽しい柄や、芸術的な柄にも出会える「復興ぞうきん」
国内での流通の少ない貴重な国産「和ぐるみ」
岩手沿岸各地のお祭りを題材にした「復興カレンダー」
・・・・・お勧めです。
それから、「羅針盤」、余剰物資やお届けいただいた着物を活用した活動を続けています。
ステキな小物たちが増えていたのに、時間がなくて、ゆっくり見られず残念でした。

翌日は大船渡の盛駅へ・・・。
「三陸鉄道盛駅ふれあい待合室」 は、地域密着の様々な活動をしています。
流されてしまった線路も整備して、来春には、部分的に運転再開です。

昨年秋、ハタキから始まった仮設の方々の手作り品販売の種類も、とっても増えていました。
その中に、センスのあるおもちゃや袋類がチラホラ・・・。
よく見ると、「二人の育児をしながら作りました。」と手書きのメッセージが添えてあります。
これは、お礼にも最適!と考えていたら、偶然ご本人にお会いすることができました。

4歳と2歳の女の子のお母さん、二人を連れて走って逃げて、どうにか助かったのだそうです。
家は流され、仮設生活の中で、ご主人におねだりして、初めにミシンを買ってもらい、
お子さんのお昼寝の合間に、ミシンを踏んでいらっしゃるとのこと。
実用的で、とってもステキな一品ものを、たくさん作られています。

お話を伺っていたら、なんとモーブラユーザーさん!
そろそろ次のお子さんもお考えで、その時は・・・、とモーハウスのカタログを眺めていらっしゃるそうです。
授乳服寄付のお礼に使わせていただきますね、とお話すると、とても喜ばれ、
ミシン代を稼がなくては、と張り切っていらっしゃいました。
もちろん、新しいお家を建てられるためにも、ですよね。

今まで中古授乳服等お届けいただいた方には、お礼としてお送りしたいと思っています。
もちろん、ちょっと見てみたい方、ご自分のお店に置いてもいいかなとお考えの方、遠慮なくご連絡ください。
待ってます!

それから、糸でもボタンでもハギレでも、手芸用品なんでも・・・、こちらもよろしく!

今回の岩手行きは、直前に決め、いつもながらの駆け足でしたが、やっぱり行ってよかった!
お会いすべき方に、お会いできるんですね。
[PR]
# by mo-circle-chiba | 2012-12-12 09:43 | 応援したい方

2回目の年の暮

前回のご報告から、半年近く経ってしまいました。
長く蒸し暑かった夏と変わって、12月早々真冬並みの寒さですが、みなさまいかがお過ごしですか。

こちらは、家の片付けが、思いの外手間取ってしまいました。
なかなか東北に行くこともできませんでしたが、お手伝いは続けています。
(後ほどご報告いたしますね。)

最近、中古授乳服のお問合せが続きました。
もちろん、まだまだ必要です!
現地では、マタニティの需要が多い!といううれしいニュースも伝わってきています。
でも、先の見えない復興計画、ノビノビ遊ばせる場もない避難生活・・・。
安心して、産み育てる環境作りのお手伝いは、まだまだ、というより、ますます必要なのです。

マタニティウェアは、使える期間が限られ、比較的集まりやすいのですが、
授乳服は、まだまだ認知度も低く、授乳中以外でも長く使えるため集まりにくいのです。
でも、それだけ、隠れたニーズは大きいと言えます。

クリスマスや年末年始に向けた準備をされている方も多いでしょう。
ぜひ、中古授乳服のご寄付、お願いいたします。
[PR]
# by mo-circle-chiba | 2012-12-03 11:15 | 応援したい方


used授乳服、お届けします。 モーハウスサークル千葉 安田


by mo-circle-chiba

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
授乳服
応援:授乳服
応援:授乳服(マタニティ可)
応援:授乳ワンピース
応援:マタニティ(授乳口なし)
応援:授乳用インナー
お届けします
応援したい方
モーハウスサークル
現地
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 03月
2016年 04月
2015年 03月
2014年 02月
2013年 03月
2012年 12月
2012年 10月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

未曽有の水害
at 2018-07-10 18:17
あれから7年
at 2018-03-09 13:15
地震再び
at 2016-04-18 09:42
あれから4年
at 2015-03-20 11:27
そろそろ3年、もう3年、まだ..
at 2014-02-05 18:07

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧